くびれを作る方法には短期間的につくりたいと意識が必要?

くびれを作る方法には短期間的につくりたいと意識が必要?

kubire
憧れのボディーラインを手に入れる為に日々いろいろな事を試している方は多くいます。
しかし、なかなか思う様な成果が出ずにダイエットを途中で止めてしまうなど、長続きしないのが現状です。
くびれを作るのに長時間かける事もしばしばありますが、気が向いていないと思う通りいかない事も多々あります。
そんなダラダラ意識になって、目的が知らず知らずのうちに食事量を減らすことにならないように、しっかりとダイエットをして、くびれを作ると目的を持って、更に短期間でくびれを作るという意識でダイエットを行う事で結果を変えて行く方法をこのサイトでは説明していきます。

くびれを作る方法には短期間的につくりたいと意識が必要?

ダイエットを始めるきっかけとして永遠のテーマである「くびれ」。
このくびれは、憧れから目標、あるいはモデルなどプロとして維持しなければいけないものであったり、人それぞれに「くびれ」に対しての意味あいは大きく変わってきますね。
このサイトでは、この「くびれ」を作るには短期間につくりたいという意識が必要であるか?という事を説明していきます。

 

くびれをつくるには

今現在の体型がどうであれ、まずは「くびれ」のある体型とはどういう状態にあるか?を考えてみましょう。
ファッションモデルやスポーツ選手など、スタイルの良さを際立たせる存在である「くびれ」。このくびれを持っている人は往々にして腰回りの脂肪がまず少ないですね。
特にアジア人は線が細くなりますが、欧米人になると、筋肉質でお尻まわりの筋肉が大きいという方もよくみます。
こうやって、世界のスタイルの良い人たちを全体的に見渡してみると、どうやら人種によってくびれの作り方が少し違う様に感じます。
例えば、私たち日本人は女性はいかに線を細くしていくか、男性は細マッチョなんて言葉があるくらい線の細さが主流です。
対して、欧米人についてはゴリゴリのフルマッチョですね。
特に女性でも、男性に負けないくらいのパワーを持っています。
これはやはりもともとの骨格や体格の差にあるといえるでしょう。
また食べているものや気候、土地からも影響があるようです。
そんな中で、自分にあうくびれを目指すのであれば、外国よりも自国の「くびれ」をまずは目標としていきましょう。
ここで注意したいのが、同じアジア人でも外国の体格はやはり違うという事です。
これは、あくまで憧れ程度にしておきましょう。
では目標の体格についてですが、これは好きなタイプで良いと思います。
ここは、憧れと目標を混ぜ合わせて、貪欲に求めて行きましょう。
これが、これからのくびれつくりの原動力となり、その意識が明日の自分の体型を決めていきます。

 

くびれを作る食事法

くびれをつくるには、トレーニングが必要ですが、何よりも食事方法を基本的には気を付けなければいけません。
毎日の食事は私たちの体を作り、明日の体型を形どっていきます。
そのため。脂肪になりやすい糖質を摂りすぎたり、アルコールの摂り過ぎなどは、くびれを埋もれさせる原因となります。もちろん、若いうちは代謝も良いので、20代前半くらいまではある程度豪快な生活習慣を送っていても問題ないでしょうが、やはり30代を迎えるあたりから代謝が変わってきますので、食事内容に気を付けなければいけません。
人によっては、体質的に代謝が落ちない人もいますので、あくまで一般論としての範囲のお話しです。
さて、くびれをつくる基本的な食事の話しですね。
これはやはり糖質はなるべく抑えた食事で、代謝を上げる様にタンパク質も多めに摂る事が良いでしょう。
更には、野菜もしっかり取るという事です。
このあたりは、ダイエットを実践しているかたや、筋トレなどスポーツが好きな方はよくご存知の内容でしょう。
さらに言うと、食事の時間帯にも気を付けると一層効果的になります。
これは、体の一日のサイクルを元にしたナチュラルハイジーンという方法なのですが、体は24時間の中で次の3つの時間帯に分けられています。

 

4:00〜12:00は排泄の時間、この時間帯に前日に溜まった毒素を排泄していきます。
その為、できる限り朝食の際の消化に負担をかけないようにしておきましょう。
例えば、朝食はあまりしっかり食べてしまうと、負担が大きいのでなるべく食事量を加減して、消化に良いのものなどを食べる様にしておきましょう。
おすすめは、スムージーや梅干しです。
スムージーはみなさんご存知の通り、野菜を中心とした内容なので、必要なビタミンやミネラルのほかにも食物繊維も豊富に摂れるので健康にとても良いですね。
また、梅干しには酵素が多く含まれているので、酵素ダイエットの朝食として定番のアイテムとなっています。

 

そのほかにも、生野菜や果物を使ったジュースや、サラダなどもおすすめです。
こうした朝食の気づかいで明日のくびれが決まってくるので、がんばりましょう。

 

12:00〜20:00は消化・吸収の時間。
排泄の時間が終わると、次に消化と吸収の時間になります。
この時間は一日の中で一番食事量を摂る時間帯になります。
ちょうど昼食や夕食が入ってきますね。
一日の活動レベルを考えると、夕食よりも昼食の食事量を多く摂る様にしていきましょう。
特に野菜と肉を多く摂っていきたいところです。
これは、ビタミンやタンパク質の補給が目的となり、ダイエット中にはかかす事のできない栄養でくびれづくりにも必要な栄養となります。
ビタミンはお肌などのアンチエイジング効果から、免疫力をつけるための健康へのアプローチや、タンパク質はくびれに必要な筋肉を作る作用があります。
その為、この二つは多く摂っておきたい栄養です。

 

また、糖質を摂るなら唯一がこの時間帯です。
しかし、食べ放題というわけではなく、糖質を摂るなら、一日のうちごはんはお茶碗1杯、パンなら1枚、麺類は80gくらいまでにしておきましょう。

 

これ以上は摂取カロリーの燃焼が難しくなる可能性があります。
また、巷に糖質カットをすすめているダイエットもありますが、人によっては、やはり合わない場合もあるので無理はせずに多少摂ってあとは運動で燃焼させるという考え方でも良いでしょう。

 

この時間帯の食事内容ですが、できればバランスのとりやすい和食にして、食べる順番は、汁物⇒野菜⇒副菜⇒主菜⇒主食 にすると糖質の吸収をゆるやかにするため、より効果的にくびれづくりが出来る様になります。

 

昼食は、この様に摂りやすくて良いのですが、問題は夕食です。
この時間帯別に考えると、夕食は20:00までに摂る事が理想的です。
しかし、毎日の生活の中で仕事や生活習慣によっては、20:00までの夕食が難しい場合が考えられます。
下手に遅い時間に夕食を摂ってしまうと、くびれを作るどころか、脂肪が増えてしまう事もあります。その為、夕食が遅くなる方は、野菜中心やスープ中心の夕食にしたり、あるいは、夕方頃に一度おにぎり1個くらいを口にしておき、帰宅してから野菜やスープにするなど、夕食を2回に分けて摂るといった工夫をしてみるのも良いでしょう。
特に糖質は20:00以降摂らない様に注意が必要です。

 

20:00〜4:00は代謝の時間。
この時間帯は日中に摂った栄養をカラダに吸収して代謝させ、疲労回復や筋力増強の時間帯となっています。
その為、この時間帯は食事を摂らずに睡眠をとる子tおが適した時間帯となっています。
特に睡眠については、22:00〜2:00の間が最も代謝の強い時間帯と言われていて、この時間帯に睡眠を取れていると、翌日の調子が変わってきます。
そのくらい、左右される時間帯なので、睡眠は充分に取る様にしていきましょう。

 

ここまでが、くびれをつくる食事のお話しでした。

 

くびれを作るトレーニング

ここからはくびれをつくるトレーニングのお話しです。
前にも少し触れましたが、人種別による体型があります。そのため、憧れではなく、自分に合う体型を目指す事が必要です。
そこから先はトレーニング方法によります。

 

特に日本人は線が細いので、筋トレ中心というよりは、有酸素運動を織り交ぜてバランスの良いトレーニングをおすすめします。
まずは、有酸素運動ですが、運動自体初心者の方はウォーキングから始めていきましょう。くびれを作るためのウォーキングは、いつもよりも少し早歩きを意識して、30〜60分ほど歩き続けましょう。この時にできれば姿勢を意識して、くびれの意識もできれば、お腹まわりの筋肉に緊張がでて消費と筋トレの効率がよくなり、ちょっとした腹筋効果も出てきます。

 

またウォーキングに慣れてきたら、ジョギングに切り替えて、これも無理のないペースで30〜60分ほど走りながらも、くびれを意識していくと良いでしょう。
こうした有酸素運動にもなれてきたら、少しだけ瞬発系のトレーニングも入れてみるとバランスが更によくなります。
たとえば、30分ほどジョギングをしたら、30mほどの直線を5〜10本くらいのダッシュを入れたり、階段の上りダッシュを入れてみたりと、下半身強化も入れると、脂肪燃焼とともに、くびれのバランスもよくなってきます。

 

但し、この時に注意して頂きたいのは、あまりダッシュを入れすぎると肉離れなどを起こしてしまう可能性があります。
肉離れは、急激な筋肉の伸縮についていけなくなって、筋繊維が切れてしまう怪我です。肉離れを起こすと10日〜2週間ほど運動ができなくなるので、こうした怪我には注意して、瞬発系のトレーニングの際には疲労感がある程度溜まってきたら、切り上げておきましょう。

 

そのほかに、くびれづくりのトレーニングは筋トレです。
これはみなさんやっている事でしょうが、基本的には、腕立て・腹筋・背筋・スクワットが必要ですね。
筋トレを行う際は回数の意識よりも、キレイなフォームでの筋トレを意識する事が大切です。
雑なフォームになると、負荷のかかりが分散されて筋トレの効率が悪くなってしまいます。その為、回数を更新するよりも、キレイなフォームで正しく筋トレをする事を心がけておきましょう。

 

減量ができたらくびれづくり

くびれをつくる為にある一定のダイエットとの成功が見えてきたら、くびれづくりを意識していきましょう。くびれを意識するという事は、お腹に力がはいりますよね?特に下のお腹に力が入り、姿勢もよくなってきます。
姿勢がよくなると、姿勢を保つために全体の筋肉も鍛えられる事になっていきます。
こうなってくると、あとは自動的に最低限の筋トレをしているのと同じ状態になっていきます。
特にきを付けたいのは、座っているときの姿勢ですね。
座ったときについつい腰をかけて背もたれに背中を預けてしまうと、腹筋には何の負荷もかからなくなってしまいます。その時に、くびれを意識して座ると、背もたれを使わずにいるので、さらにくびれを作る事ができる様になっていきます。

 

座り仕事が多い現代では、立っているときよりも、座っているときにくびれの意識をする事が一番最善と言えるかもしれませんね。

 

また、移動中のくびれ意識も非常に重要としており、歩行中や、電車に乗っているとき、車や自転車などあらゆる場面でくびれを意識できているとその分の未来のくびれを手に入れているという事になるのです。

 

こうした事から、今太っているからと、甘いものが好きだからと、運動が苦手だからと、憧れのモデルさんはプロだから、外見が良いから、などと決めつけず、どんな状態であってもまずは、くびれを意識する。これが一番重要な事です。
くびれの意識さえしていれば、日常生活のお腹まわりの筋肉の使い方から、食事への気づかいも自然と変わっていくのです。

 

また、外見がどうとかの前にプロポーションが良くなると、それだけで魅力的になれます。極論、顔の事なんて気にならなくなります。
そうしたときに自分自身が好きでないといけませんが、くびれに自信が持てていれば、随分と違う自分に出会える事でしょう。

 

食事やトレーニングなどくびれづくりに必要な事はたくさんありますが、一番重要な事は自分のくびれ部分への意識を怠らない事。
これがくびれづくりへの重要な要素となっていきます。

 

また、くびれづくりにさらなる効果を期待する為にサプリを使うのも一つの方法です。
ご興味のある方は、こちらのダイエット中に食べ過ぎたらおすすめサプリを参考にしてみてください